常に身体がだるいなら貧血かもしれない|貧血の症状を知っておこう

家族

血液検査で診断される

ファミリー

毎日の食事を見直したい

貧血は疲れやすさや耳鳴り、立ちくらみ、息切れなどの様々な症状が見られますが、少しずつ進行する場合は、自覚症状が少なく、血液検査を受けた時に発見されることが多いです。妊娠中や授乳中の女性や、成長期の思春期の人に見られることが多く、朝食を抜いたり、外食が多かったり、インスタント食品をよく食べる人は、体に必要な栄養素が不足しやすくなります。一番多いのは鉄欠乏性貧血ですが、月経過多や栄養の偏りなどが原因で鉄分が不足することで、起こりやすくなります。普段の生活では、一日に3食栄養バランスの良い食事を心掛けたり、造血作用のあるビタミンB群やビタミンCを多く含んでいる食品を食べる必要があります。緑黄色野菜や卵、レバー、豚肉などを適量は食べる必要があります。食事療法だけでは、貧血の症状が改善するのは難しい場合もあるので、信頼できる医師が在籍をしているクリニックや病院で、鉄剤を処方してもらい、しばらくは続ける必要があります。血液検査を受けると、赤血球数やヘモグロビンの量が一定値よりも低い場合は、治療を受ける必要があります。妊娠中や授乳中の女性は、不足しがちな栄養素を補うために、天然由来成分で作られたサプリメントを補うのもお勧めしたいです。若い年代の女性はスリムな体型を維持するために、過激なダイエットをしている人が多いですが、体調を崩す原因になるので避ける必要があります。早い段階から治療を始めることで、辛い貧血の症状を緩和する働きがあります。